海洋性コラーゲン・水溶性コラーゲン

驚き!コラーゲンの効果

海洋性コラーゲン・水溶性コラーゲン

.

海洋性コラーゲンとは?

鶏

コラーゲンの原材料には、「動物性コラーゲン」と「海洋性コラーゲン」があります。動物性コラーゲンとは、牛や豚、鳥などから抽出されたゼラチンで、最も多く用いられてきたコラーゲンです。一方、海洋性コラーゲンとは魚から抽出した魚由来のコラーゲンで、狂牛病などの問題や、感染症の心配もなく、安全性の高いコラーゲンとして認められてきました。海洋性コラーゲンは、動物性コラーゲンと比べて安全性が高く、吸収性も良く、またニオイも出にくいという特性を持っています。しかし、熱には弱く、熱を加えるとコラーゲンの分子構造が乱れやすいという弱点もあります。ちなみに「植物性コラーゲン」というものもありますが、大豆由来のものが多くコラーゲンとよく似た性質の成分のことですが、コラーゲンとは異なるものです。


ページのトップへ ▲

水溶性コラーゲンの特徴

サメ

海洋性コラーゲンの中でも、骨、皮、ウロコによって特性が異なります。骨や皮から抽出したコラーゲンをマリンコラーゲン、魚のウロコから抽出したコラーゲンをスカールコラーゲンといいます。これらの水溶性コラーゲンは、消化・吸収しやすく、ニオイも少ないという特徴があり、特に皮から抽出した水溶性コラーゲンは上質なものとされています。水溶性コラーゲンであるスカールコラーゲンは、ヒドロキシプロリンの含有量が少なく、変性温度も低いのでタンパク質を分解しやすいという性質を持っています。また、水溶性コラーゲンは、脂肪分がほとんどなく、コレステロールも気になりません。さらに、スカールコラーゲンという水溶性コラーゲンは、キチン・キトサン、グルコサミンも含まれ、細胞の活性化を促すという働きも持っています。


ページのトップへ ▲

海洋性コラーゲンを多く含む食材

かれい

マリンコラーゲンやスカールコラーゲンのような水溶性コラーゲンはどんな食材に含まれているのでしょうか?例えば鮭の皮にはコラーゲンが多く含まれています。できれば皮ごと食べるようにしましょう。うなぎの蒲焼の皮と身の間にも海洋性コラーゲンがたくさん含まれています。さらにかれいのえんがわにも多くの海洋性コラーゲンが含まれています。皮は焦がしてしまうと、水溶性コラーゲンは壊れてしまうので、焦がさないように注意しましょう。えんがわは煮付け料理がお勧め。海洋性コラーゲンをたっぷり摂ってうるおいのあるお肌を目指しましょう。


ページのトップへ ▲

今月の注目コラーゲンドリンク

アスタリフト今回ご紹介するコラーゲンドリンクは、富士フィルムの「アスタリフト」です。正式には「アスタリフト ドリンクコラーゲン10000」と言いますが、その名のとおり、わずか1本30mlの小瓶に10,000mgもの低分子コラーゲンが凝縮している今注目のドリンクです。

単に低分子なだけであれば他のコラーゲンドリンクと大して変わりませんが、このアスタリフトは、よく言われる低分子コラーゲンよりもさらに低分子化されたコラーゲン(普通のコラーゲンの400分の1)を使用し、さらに吸収力を高めるためのトリプルコラーゲン設計を採用していることで他と一線を画しています。もちろん飲みやすさにもこだわり、富士フィルムの特殊技術により美味しく仕上げられていることが人気の秘密です。さらに細胞分裂や新陳代謝を活性化させることで有名なオルニチンまで配合されていますので、健康的な美しさを目指す方にはぜひ一度試していただきたい一品となっています。

もし、ご興味あるようでしたら「実際に飲んでみての感想」「モニターの方々の感想」がこちらで見れますので、一度ご確認ください。今なら半額キャンペーン中なので安く買うチャンスです。

| ホーム | コラーゲンとは:不足するとどうなる? | 効果・効能・働き | ヒアルロン酸とコラーゲン | ペプチド | 海洋性コラーゲン・水溶性コラーゲン | 料理(レシピ) | 豊富に含む食品(食材) | 人気のコラーゲン鍋 | 飲むコラーゲン(ドリンク・ウォーター)の効果 | コラーゲン注射(注入)とその効果 | 摂取量 | 副作用 | コラーゲンのサプリメント | アミノコラーゲンとその効果 | コラーゲン10000とその効果 | ニッピコラーゲン100とその効果 | フィッシュコラーゲンとその効果 | 活性2型コラーゲンとその効果 | カフェコラーゲンとその効果 | マリンコラーゲンとその効果 | コラーゲンめし | 人気のコラーゲン飲料人気のコラーゲンクリーム魚由来のコラーゲン多く含む食品(食材)コラーゲンを増やすには入浴剤飲む時間取り方効果的な摂取方法サプリメントの効果ドリンクのお試し商品おすすめのドリンク

Copyright (C) 驚き!コラーゲンの効果 All Rights Reserved.