コラーゲンの摂取量

驚き!コラーゲンの効果

コラーゲンの摂取量

.

1日に必要なコラーゲンの摂取量

サラダ

コラーゲンの摂取量は1日に約3〜10g摂取することが望ましいとされています。魚の頭や鶏の皮などは20〜80%程度がコラーゲンです。また、お肌のためのコラーゲンの摂取量は1日3〜5gの摂取量が理想とされています。コラーゲンとビタミンCを一緒に摂ることで正常なコラーゲンがつくられ、ハリのあるみずみずしいお肌を保つことができ、さらに日焼けによるしみやそばかすを防ぎ、美白効果も期待できます。肉や魚の骨と皮、牛すじ、貝類、ブロッコリーやイチゴ、ほうれんそうなどの野菜類や果物に多く含まれていますので、1日に必要なコラーゲンの摂取量を考え、意識してコラーゲンを多く含む食品を摂取していきましょう。


ページのトップへ ▲

コラーゲンは食事から

黄色いサプリ

コラーゲンは真皮の主成分でハリと弾力のある美しいお肌づくりのために重要な働きをします。コラーゲンの化粧品など外部から摂取しようとしても、コラーゲンは肌から直接吸収することはないといわれています。人間の体は毎日新陳代謝により合成と分解を繰り返しています。コラーゲンも毎日補給してあげることが必要です。美容と健康のために1日に必要な摂取量のコラーゲンを食事やサプリメントから摂取するようにしましょう。また、コラーゲンは体内で分解されて吸収されます。食事やサプリメントから摂取されたコラーゲンはアミノ酸というカタチだけでなく、ペプチドというカタチで吸収されます。ペプチドの状態の方がより早く吸収されるといわれています。


ページのトップへ ▲

ヒアルロン酸の摂取量

鏡を見る女性

コラーゲンとともに摂取した方がいいとされているヒアルロン酸。ヒアルロン酸の1日の摂取量はどのくらいでしょうか?ヒアルロン酸の1日の摂取量は20〜40代で250〜400mg、40代からは400mg以上が必要とされています。ヒアルロン酸を食べ物から摂取しようとすると、ふかひれや魚の目玉、鶏のトサカ、鮫の軟骨など手に入りにくい食べ物から摂取しなければなりません。食品からだとなかなか必要な摂取量をとることは難しいでしょう。現在はヒアルロン酸のサプリメントが数多く出ています。コラーゲンとともにお肌にとって重要な働きをするヒアルロン酸も摂取量を目安にしてきちんと摂取し、うるおいのあるお肌を保ちましょう。


ページのトップへ ▲

今月の注目コラーゲンドリンク

アスタリフト今回ご紹介するコラーゲンドリンクは、富士フィルムの「アスタリフト」です。正式には「アスタリフト ドリンクコラーゲン10000」と言いますが、その名のとおり、わずか1本30mlの小瓶に10,000mgもの低分子コラーゲンが凝縮している今注目のドリンクです。

単に低分子なだけであれば他のコラーゲンドリンクと大して変わりませんが、このアスタリフトは、よく言われる低分子コラーゲンよりもさらに低分子化されたコラーゲン(普通のコラーゲンの400分の1)を使用し、さらに吸収力を高めるためのトリプルコラーゲン設計を採用していることで他と一線を画しています。もちろん飲みやすさにもこだわり、富士フィルムの特殊技術により美味しく仕上げられていることが人気の秘密です。さらに細胞分裂や新陳代謝を活性化させることで有名なオルニチンまで配合されていますので、健康的な美しさを目指す方にはぜひ一度試していただきたい一品となっています。

もし、ご興味あるようでしたら「実際に飲んでみての感想」「モニターの方々の感想」がこちらで見れますので、一度ご確認ください。今なら半額キャンペーン中なので安く買うチャンスです。

| ホーム | コラーゲンとは:不足するとどうなる? | 効果・効能・働き | ヒアルロン酸とコラーゲン | ペプチド | 海洋性コラーゲン・水溶性コラーゲン | 料理(レシピ) | 豊富に含む食品(食材) | 人気のコラーゲン鍋 | 飲むコラーゲン(ドリンク・ウォーター)の効果 | コラーゲン注射(注入)とその効果 | 摂取量 | 副作用 | コラーゲンのサプリメント | アミノコラーゲンとその効果 | コラーゲン10000とその効果 | ニッピコラーゲン100とその効果 | フィッシュコラーゲンとその効果 | 活性2型コラーゲンとその効果 | カフェコラーゲンとその効果 | マリンコラーゲンとその効果 | コラーゲンめし | 人気のコラーゲン飲料人気のコラーゲンクリーム魚由来のコラーゲン多く含む食品(食材)コラーゲンを増やすには入浴剤飲む時間取り方効果的な摂取方法サプリメントの効果ドリンクのお試し商品おすすめのドリンク

Copyright (C) 驚き!コラーゲンの効果 All Rights Reserved.